ニキビコラム

早期治療が大切!ニキビの種類について

更新日:

あごやフェイスラインに繰り返すことが多い大人ニキビ。早い段階から上手にケアすれば、キレイに治すこともできますが、炎症が長引くとクレーターやシミのような色素沈着が残ってしまうことも・・・。
クレーターや色素沈着のニキビ跡になると元通りキレイな肌にすることは難しくなってしまいます。
まずは、ニキビの種類を知って適切なケアの仕方を身に付けましょう!

ニキビは「悪化度」によって種類がある

ニキビの種類としてよく言われる「白ニキビ」「赤ニキビ」はどこまで悪化しているかという段階を表しています。
悪化すればするほど治りにくく、ニキビ跡も残りやすくなってしまいます。

白ニキビ(コメド)/黒ニキビ

乾燥などで肌の角層が厚くなり、毛穴に皮脂が詰まって白く盛り上がっている状態です。
詰まっている皮脂が酸化して黒くなった状態は黒ニキビと呼びます。

白ニキビの時点で上手く芯を押し出せるとキレイに治ることもあります。
ただし自己流でやると芯を出し切れず、刺激を与えたことによって炎症を起こす恐れもあります。

赤ニキビ

白ニキビが炎症を起こして赤く腫れた状態です。
炎症が起きてしまうと、ニキビ跡が残る可能性もグッと高まってしまいます。
なるべく触らないように、髪の毛なども触れないようにヘアスタイルを変えるとベターです。

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化して膿がたまった状態です。
ここまで悪化するとニキビ跡を残さず治すのが難しくなってきます。
ニキビは一種の皮膚病なので、長引くようなら皮膚科を受診しましょう。

硬結(しこり)ニキビ

ボコッと皮膚が盛り上がったような状態になるニキビです。
通常ニキビができる場所よりさらに深い場所で炎症が起きています。
痛みがあったり、かゆくなることもあります。
皮膚科に行けば抗生剤を処方してもらえるので、早い段階で受診したほうが良いニキビです。

問題は「炎症」の程度

ビタミンC ニキビ
当たり前ではありますが、ニキビは炎症が進んで悪化すればするほど治りにくく、ニキビ跡が残りやすくなります。
まずは洗顔や保湿で肌のコンディションを整え、皮脂が出すぎたり肌が硬くなるなど毛穴が詰まりやすい状態にしないこと。
大人ニキビ用化粧品には、たいていグリチルリチン酸など炎症を抑える成分が配合されています。
ビタミンC誘導体も炎症を抑える作用があり、さらにターンオーバーを促進するので色素沈着を防ぐ効果も期待できます。

毛穴を詰まらせない、炎症を悪化させないなど、ニキビケアは予防が第一といえます。

スキンケアや生活改善で処置を!できれば皮膚科受診も検討しましょう

予防のためには、スキンケアだけでなく生活習慣の改善も必要です。
睡眠不足が続いていませんか?ビタミン不足など偏った食生活をしていませんか?

睡眠、食生活以外にも大人ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れやストレスなどさまざまな要因がありますが、すべてを完璧にすることは不可能です。
自分なりに対策をしてもニキビができてしまうことがあると思います。

出来てしまったニキビの治療は保険適用で受けられるものもあるので皮膚科を受診してみるのも良いでしょう。
※美容皮膚科の診療は保険適用外です。クリニックによって美容皮膚科を併設しているところもあります。

まとめ

ニキビは、まずはスキンケアや生活改善で予防することが重要です。
出来てしまったニキビは皮膚科に行って早期治療するとニキビ跡にもなりにくいです。
炎症が進めば進むほど、悪化すればするほど治りにくく、ニキビ跡が残りやすくなります。
早めに手を打つことが美肌へのカギです。

-ニキビコラム

Copyright© オルビスクリアの口コミ♪あごニキビで泣いた私を救ったスキンケア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.