ニキビコラム

ニキビとは?知ってるようで知らない基礎知識

投稿日:

あごや頬、おでこといった顔周りを中心に首や背中にも発生するニキビ。
白ニキビ・赤ニキビ・黒ニキビなど状態によって名前がついたりしますが、見た目が悪い上に悪化するとシミのような跡やクレーターが残ってしまうこともあります。いわゆるニキビ跡です。

出来てしまうと治すのには厄介なものなのですが、どうしても軽く考えてしまいがちです。誰でもがなるものでしかたがないこと程度に思っている人も多いかもしれません。
しかし、ニキビというものは尋常性座瘡という名前がついたしっかりとした病気だということを理解しておくべきでしょう。
セルフケアで治る場合がほとんどですが、あまりに多かったり繰り返す、長引く場合は皮膚科を受診するのもひとつの手です。

ニキビは思春期である10代によくできるというイメージがあります。青春のシンボルと言われたりもしますよね。
確かに大人になるとニキビは言わずに吹き出物という呼び方をする場合もあるようですが、20代以降や中年や更年期の人でもできるものなのです。
20代を過ぎてできるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれています。特にストレスによるホルモンバランスの崩れでできるニキビは「ストレスニキビ」と分けて呼ばれることもあります。

ニキビができる原因は、ストレスだったり生活習慣の乱れだったりとさまざまですが、思春期ニキビも大人ニキビも、直接の原因は毛穴に皮脂が詰まってしまうこと。毛穴に詰まった皮脂をエサにアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビができてしまいます。

ニキビを治していくのには一般的には市販のニキビ治療薬を利用している人が多いのではないかと思います。
最近の市販の治療薬は優秀でかなりの確率で快方へと向かっていく傾向がありますが、その場合でも気を付けたいのはニキビが治った後のあごや頬などに残るニキビ跡の問題です。
ひどい場合にはシミとなったりレーターのような跡を残してしまうこともありますのであごなどのニキビを治していく過程においても十分に気を回していくことが大切なのです。

ニキビケアを選ぶうえで気を付けたいのは、そのスキンケアが思春期ニキビ用なのか大人ニキビ用なのかということ。思春期ニキビ用のケアはしっかり皮脂を落としてしまうものが多いので、乾燥が大敵の大人ニキビをケアする場合には向きません。もっと乾燥してさらに皮脂が出てしまう悪循環に陥ってしまう可能性もあります。
しっかり保湿ができて、肌を清浄に保てるケアがおすすめです。

-ニキビコラム

Copyright© オルビスクリアの口コミ♪あごニキビで泣いた私を救ったスキンケア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.