ニキビコラム

ニキビが悪化したときの対策:ダメージを軽減する!

投稿日:

きちんとスキンケアをしているつもりでも、ニキビが長引いてしまうことがあります。
ダメージが深くなると、シミのような色素沈着や、肌表面がデコボコになるクレーターが残ってしまうことも。
このようなニキビ跡を作らないためにできる対策をまとめました。

セルフケアでこじらせないために

ニキビが跡に残りつつある時、自分でどうにかできるレベルなのか、医療機関を受診しなければならないレベルなのか、冷静に見極めないと後々後悔することになります。確かに最近のニキビ跡用コスメは非常に進化していますが、セルフケアで何とかなるのは赤みが残っている段階のニキビ跡だけです。
シミになっているニキビ跡もごく初期なら市販の化粧品でも薄くすることはできますが、満足できる状態まで戻すのにかなり時間がかかります。リスクを冒してまで皮膚科の受診を避ける理由が、ただ「面倒臭い」なら残念過ぎます。
あるいは「皮膚科を受診しても治らなかった」なんてエピソードを耳にして疑心暗鬼になっているのかも知れません。確かにクレーターやしこりができてしまったニキビ跡は、専門クリニックでもパーフェクトに消すのは簡単ではありません。けれど段階に応じて適切なアプローチを施せば、受診前より悪くなることは絶対にありません。
市販品より医薬品の威力の方が強いのは言うまでもありません。例えばニキビ跡に効くビタミン類も、処方薬は市販のサプリよりも濃度が濃く、吸収率が高くなっています。天然成分は確かに安全性に優れていますが、安定しにくく確実に吸収されるとは限りません。
セルフケアにこだわり受診するタイミングを逃さないようご注意下さい。特に今まさにニキビができているなら保険が効く処方薬も色々ありますから、市販品を買い揃えるより経済的にも安く済ませることができます。

まだ赤いニキビにできること

赤いニキビ跡が残っているなら、安心して下さい。赤いポツポツに悩まされている方は「ニキビができて辛いのに、喜べるわけがない」と憤慨してしまうかも知れません。けれど膨らんで腫れていたニキビが平らに近づき、まだ赤みが残っている状態なら皮膚科を受診しなくても自力で治すことは可能です。
この段階で力を入れるのは、ターンオーバーを正常に戻す対策、そして保湿対策です。そもそも、ニキビができる時点でターンオーバーが乱れ、肌が乾いていることを意味しています。10人中9人が「ターンオーバー=28日周期」と信じていますが、このサイクルできちんと肌が“再生”しているのは健康な10代、20代前半の女性だけです。
10歳年を重なるごとに周期はどんどん遅れ、50代になると20代の2倍以上長い75日間もかかってしまいます。年を取ると傷が治りにくくなる、と言うのは気のせいではなく、ターンオーバーが遅くなっているからです。
もちろん、まだ若くても不摂生な生活をしていれば40代、50代並みに周期が遅くなっている恐れがあります。寝不足やタバコなどの嗜好品、ストレスなど、代謝力が衰える原因は個人差がありますが、早寝早起きなど健康の基本対策に地道に取り組み、新しい皮膚の再生を促しましょう。
保湿も、ターンオーバーを整えるのに欠かせない対策です。肌が乾くとバリア機能も弱くなりますし、角質が固くなり毛穴が閉じやすくなるのでアクネ菌が増えやすくなります。殺菌は洗顔、クレンジングだけで十分なのでやり過ぎないようご注意下さい。

色素沈着直後に徹底したい対策とは

ニキビ跡

赤いニキビ跡が紫色に変わると、見た目もグロテスクになり思わずぎょっとしてしまいますよね。紫色の正体は、皮膚組織を通る毛細血管から滲み出たヘモグロビンです。本当は赤い色をしていますが、組織内部に閉じ込められている状態だと、紫色寄りの赤色に見えます。
この段階では、とにかく紫外線を素肌にさらさない対策に力を入れて下さい。ヘモグロビンが流出していることは、皮膚組織が不安定になっている証拠です。
その状況で紫外線をもろに浴びてしまうと、メラノサイトが即座に反応してメラニン色素をじゃんじゃん生み出し、茶色いシミになってしまいます。ご存知の通り、一旦シミになってしまうと、薄くするのに大変です。
曇りの日だから大丈夫、室内にいるから日焼け止めを塗らなくても平気、と油断せず、日中はUVケアを欠かさないようにしましょう。もちろん、紫外線を徹底的にガードする、と言っても皮膚呼吸が苦しくなるほど日焼け止めを厚塗りするような塗り方は乱暴過ぎます。
マイルド処方のものを薄く、こまめに塗って丁寧にケアしましょう。
このあたりから、皮膚科に手助けして貰うことも検討しなければなりません。色素沈着しているニキビ跡には、ピーリングやレーザー治療がぴったりです。生活習慣の改善でターンオーバーの乱れを戻すのは時間がかかりますから、時にピーリング剤やレーザーマシンを使って人工的に再生周期を早める対策が必要です。
どちらのニキビ跡治療も、施術後は紫外線対策が欠かせません。もし心配なら夕方以降、クリニックに予約を入れた方が帰り道の紫外線を気にせずにいられるので安心です。

-ニキビコラム
-,

Copyright© オルビスクリアの口コミ♪あごニキビで泣いた私を救ったスキンケア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.